ペンドラゴンは出さなくても強い

八星龍降臨にて収録されたブレイヴ,騎士王蛇ペンドラゴン(以下ペンドラ)は果たして紫デッキに必須なのか?

出さなくても強いこのカードはそもそも入れなくても良いのではないか.

大きなアドバンテージ

ペンドラは召喚時効果にて,重装甲持ちでなければ,いかに大きなスピリットであろうと,2コア以下であれば問答無用に消し去りつつ,1ドローをするという非常に大きなアドバンテージが取れる点が強力なブレイヴ.

大型のスピリットを召喚した際に,コアがあまり残らず,その大型に乗せるコアが少なくなるというのはよくあることで(その点をケアできる焔竜魔皇マ・グーが強いのも当然だろう),その大型をポンと消せるのは非常に強い.

プレイングによるペンドラを使われることの回避

ただし,3コアを常に乗せるプレイングにて,その脅威を回避.もしくは,そのアドバンテージを得るのには,他の手段を用いさせ,コアを減らしてからペンドラを召喚させることで,コストを大きくさせることができ,実質アドバンテージを小さくすることができる.

強いのは使うよりも,その存在による回避プレイングの強制?

回避するプレイングをされることにより,出したところで軽減シンボルが残ることもないペンドラ自体がハンドで腐ることはある.しかし,ペンドラを臭わせておくだけで,相手は2コア以下で召喚という非常にリスキーな行動がとりにくくなり,ペンドラがハンドになくとも行動を縛ることができる.

さらに言えば,臭わせることさえできれば,実際にデッキに入っていなくとも行動を縛ることができ,その時点で十分ペンドラの強さは発揮されているのではないだろうか.