初心者の方で,相手のターンで召喚獣やアクションアビリティが使えるタイミングがわからない!という方がいらっしゃったので簡単に解説.

公式開発blogにある記事

ルール補足2-アビリティ・召喚獣の使用タイミングと割り込みについて
http://hobbyjapan.co.jp/dev/?p=131

と併せて読んで頂いた方が細かいことは判りやすいかもしれませんw

使えるタイミングは大きくわけて2つ!

正確に言うと,ターンプレイヤーが権利を放棄したときのタダ1つですが,そのタイミングは便宜上2種類とするほうがわかりやすいと思うので2つとして説明します!

  1. 次のフェイズ,ステップに移ろうとする直前
  2. スタックに乗っている効果を解決する直前

どちらも,お互いが優先権(召喚やアビリティを宣言する権利)を放棄したときに移る,解決する,というルールで,優先権は先にターンプレイヤー(以下相手という)から放棄する必要があるので,上の2つのタイミングで相手のターンに非ターンプレイヤー(以下自分という)に優先権が渡されるということです.

また,自分が行動をして解決すると,再び相手に優先権が戻りますので,それもお忘れなく.

次のフェイズ,ステップに移ろうとする直前

スタックが空の状態で,自分に優先権がわたることがあるパターンです.

  1. メインフェイズ
  2. アタックフェイズの
    1. アタック準備ステップ(基本的に何もしないステップ)
    2. アタック指定ステップ(アタックするFwを指定した直後)
    3. ブロック指定ステップ(ブロックするFwを宣言した直後)
    4. ダメージ解決ステップ(ダメージを解決した直後)
  3. メインフェイズ(2回目)

の6つのフェイズやステップから,次のフェイズなどに移る直前に自分に優先権が渡されます.

なので,移るタイミングで相手は「移りますが何かありますか」と聞く必要があったり,勝手に移られた場合は自分は「移る前に○○します」と言うことができます.

スタックに乗っている効果を解決する直前

これは上のパターンとは別の行動できるパターンです.スタックでの割り込みといわれるものです.

  1. 相手が効果を使い,その効果がスタックに乗ります.
  2. 相手は更に効果をスタックには乗せないと優先権を放棄します.
  3. 自分に優先権が移ります.
  4. 3で放棄した場合,お互い放棄したことになり解決します.

4の解決部分の直前に,自分に権利が移っています.解決直前のタイミングですね.このタイミングで効果を使うことを宣言すると,先にスタックに乗った効果よりも先に解決するように効果を発動することができます.

自分が使うことを宣言すると2に戻って,再び相手に優先権が戻り,さらにお互い割り込みの確認をします.また,効果を解決した直後にも2に戻ります.

余談

キャラクタのプレイは,スタックに乗らないのでそれ自身に割り込みなどはできません!(オートアビリティがある場合,その効果はスタックにのりますが)