fcフルスポ出たようなので,いけてそうなカードのファーストインプレッションをさくさくっと.次はマルチです.

それでは続きからどうぞ.

《関羽》

なんかたくさんついてる.単純に強いことが書かれているが,あくまでもダメージレースにおいてストレートに強いことが書いてあるだけである.

カードアドバンテージやテンポアドバンテージを得ることで,じわじわと追い上げていくといった効果ではないことに留意したい.殴り合いをするようなデッキに適していると考えられそうだ.

また,ほかの2色マルチソウルSとは違い,唯一の大型ユニットであるのも特徴.ほかのカードがCA2の小型ユニットという,枠を取りにくいスペックなのに対し,CA2の大型の枠は元からあるため,そこに採用しやすい.

《風雷拳士 ファルトー》

ダメージを通すとアドバンテージに繋がる,《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》のようなユニット.

《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》がSSを伸ばすことで,恒久的なアドバンテージをもたらすのに対し,《風雷拳士 ファルトー》は,恒久的なものとはならないが,生き物を触れるため瞬発力に優れるといえる.

3弾以前はSSを加速しても,瞬発力で勝負してくる相手に対して,元を取る前にゲームセットに持ち込まれることがあった.そういった相手に対して張り合うことができ,結果的にアドバンテージ差をつけて勝つこともできるようになることが期待できる.

また,SSは伸ばしきった後に伸ばしてもあまり意味がないことが多いが,こちらはパンプすることさえできれば後半でも腐ることがないのが利点だろう.

どちらも同じようなカードでのサポートと相性が良いと言え,カラーも同じなため,同じデッキに採用することでデッキの狙った動きをすることができる安定感が得られそうだ.

《タグ育ちの雷射手》

《稲妻を崇めるミノタウロス》のようなユニット.こちらはCIPでも火力を出せるため,2000ユニットを2500ユニットにぶつけて追撃でテンポをとりながら1:1交換,さらにこのユニットも2500と相打ちを取れると,2500ラインのユニットに対して非常に相性が良いといえる.

また今回黒でフィーチャーされている『ソウルチェンジ』のうち,カテゴリオークは外せないカテゴリなため,無理なくデッキに採用ができそうだ.

《傭兵女帝 ベルスネ》

全体強化はあかん!《クレオパトラ》の時代IIIのテキストが早い段階でも使えるということが書いてある.

基本的に鉄砲玉が相打ちをして,後続のアタッカーのサイズを上げていくというのが基本の動きとなるため,サイズと比較してテンポ良く展開できるユニットと相性が良さそう.《稲妻を崇めるミノタウロス》,《雷を呼ぶもの》,《タグ育ちの雷射手》あたりだろうか.

デッキは均等に色を割り振るよりも,どちらかの色に寄せたほうが強化をうまくばら撒くことができるため,構築する時点でしっかりと意識しておこう.

《アルセーヌ・ルパン》

《大地の呼び声 ナーシア》や,《白森の戦姫 ミーウ》といった,デッキのシステムユニットを停止させることで,相手のデッキを機能停止させることが期待でき,カテゴリ変更にでは《メディアの従者》に守られたり,指定対象がどうでもよくなったら,『ソウルチェンジ』で適当にアドバンテージに変換することができる器用さが売りのユニット.

すでに出てしまったユニットを触ることができるわけではないため,劣勢をひっくり返すことができるカードではないが,一部のデッキに対して,まだ互角の場面であれば,一発で詰みに持っていくことができる可能性を秘めているユニットと言えそうだ.

《滅史の災魂 ゴズ・オム》

なんかすごい必殺技を持ってるやつ.

5色のソウルが必要というだけでも驚きだが,CAヤードに落としておくことも要求しているのが,デッキ構築と場に出すための難易度を上げている.

出すことに専念するデッキだと,世話がかかりすぎてほかのことができないデッキになり,そうでなくとも色がばらけて普通の動きすら辛いデッキになることが予想できる.

《ヘラクレス》に近いスペックのユニットを,もっと軽く,アドバンテージを得ながら出せれば当然強いため,可能性の獣であるとは言える.私は可能性に殺されたくないのでだれか最強デッキお願いします!

一番気になるヤツ

《予兆の姫巫女 イルミナ》

めくれたときにCA3以上になることが期待できる,マルチカラーで唯一のユニットである.

マルチカラーのカードを採用しようとしたときに,CA平均が落ちたり発展が安定しないといった問題点があるが,実質CAが高いだけでなく,盤面から墓地に置かれた際にもCA加速ができるため,問題点どころか発展の安定をサポートしてくれる.

ユニットとしてもコストに対して及第点なスペックで,他のマルチカラーユニットとは別次元の仕事をしていると言えるだろう.