kuniフルスポ出たようなので,いけてそうなカードのファーストインプレッションをさくさくっと.次は青です.

それでは続きからどうぞ.

《出雲阿国》

《邪光の獣 ニルヴェス》とはなんだったのか.《邪光の獣 ニルヴェス》は相手にSSを伸ばす対応をされ,結局3000ユニットとなり,ユニットというよりもアビリティによってユニットを保護する置物となりがちだった.つまり,サイズが小さい《出雲阿国》であっても上位互換のアビリティを持っているため十分なのだ.

しかも,《出雲阿国》であれば2T目以降であれば出すことができるため,1回目の発展でも無理なくハーベストを狙え,またそれ以降でも《邪光の獣 ニルヴェス》と比較してSSを節約して場に出せるため,何かとお得である.

選ばれなくなるだけでなくアクティブにすることができるため,アタック後のユニットをブロッカーに回すことを意識させてダメージレースを有利に運んだり,ワイプするアビリティを連打したりと,使い勝手がすこぶる良い.

《海風の皇子 テイハ》

2000ラインのビートに対して非常に大きな影響を与える1枚.さながら青の《雷流術》か.しかし,4弾環境での高速ビートである時代を上げないビートは2500ライン以上がほとんどで,2000ラインが減っているということを忘れてはならない.《雷流術》にもいえることだが,単体では刺さる相手はもういない可能性が高い.そのため,《イースラの尖兵》や紫の《ゼフィロンの翔空隊》といった,火力を出せるユニットなどと合わせる必要はありそうだ.

《トウアの学徒》

時代IIIまでは完全な2コスト2000のバニラユニットである.しかし,その後に条件付とはいえキャントリップが付くのは,テンポ損をせずにカードを増やせるラスクロでは数少ない動きなため,ハーベストを主軸としたデッキでは,《蒼眞の伝令》と並び,まず最優先で採用されることになるだろう.CA3の枠では飛び切り優秀だといえる.

《永久の歌声の人魚》

自分自身のアビリティに加え《時移しの魔笛》も使える,レベル操作に関してのスペシャリスト.

レベルを下げて殴ることを主軸にしたデッキは,音楽家と《時移しの魔笛》が揃わずに理想の動きができないということもあったが,《永久の歌声の人魚》であれば,1枚だけでとりあえず1回はハーベストによって同様の動きができ,《時移しの魔笛》もあれば使い放題と,デッキ動きの上下のムラを小さくできる点がすばらしいと言える.

《防波のミスラム像》

青の時代Iの2500ラインを捌くカードサイクル.

驚きの3000ラインまで伸びるため,《モンテスマ》や《最後の白牙族》といったユニットに対しても,特別なのは自分だけではないということを思い知らせることができる.

単体でも2000/2はあるため,殴れないこともないというのが《穏形の土人形》との大きな違いだろう.

《メアリー・リード》

実質3000+500のアタッカーと考えると単純に強く,《時の捻じれ》などのキャントリップ付きのスペルを,ハンド消費なくコンバットトリックとして使えるため,アドバンテージを取ることも狙える.

そして,極めつけはCA2でありながらCBでカードを持ってこられるという点だ.CA2でありながらCBでカードが増え,なおかつ引いても使い道がないというリスクがないカードといえば,《トール》が思い浮かぶが,あちらはサーチ先がヒストリーで,デッキに多く積みたくないカードであったのに対し,こちらはユニットなためデッキ内に用意できる枠が比較的緩く,デッキの構築がしやすい.

とはいっても現在構築で積極的に使われている海賊はないため,CBに関しては将来に期待となりそうだ.

《利巧の豪商 ワシュウ》

やはり発展補助は評価が高い.SB,サーチに関しても直接アドバンテージとなるため,SSにさえ問題がなければ使いやすいことが予想されるが,どれもテンポ損が大きいため,異常にリソースを稼げSSに余裕のあるものの,発展が安定しづらかった橙青での採用が安定か.

《異変察知》

どこかで,1コストで使えるうえに,ドローしてから手札からも戻せるカードを見たような気がしたが,ラスクロではクロノチェックがあるため,そこまで融通を利かせるわけにはいかないのだろう.ラスクロにおいてデッキの2枚目まで操作ができるというのは,それだけ強力ということだ.

CA3の枠を取れるとはいえ,2コストは結構なテンポ損なため,SSに余裕があるデッキで採用したい.

一番気になるヤツ

《光波の聖剣士 ユセナ》

イラストがまず強い.うさみみである.

ノーコストでのバウンスということは,ダメージを通すたびに毎ターン2~ソウルほどのテンポアドバンテージを稼げるということだ.実際はタイミング的に3~ソウルを期待することも十分可能だといえる.毎ターンノーコストで《モーツァルト》を出しているといえば鬱陶しさが理解できるだろう.

コストの割にサイズが小さいものの,『オーラ』を持っているため,この点は問題とならないことがほとんどだろう.

バウンス対象にレベル制限があるものの,青であるため,音楽家と《時移しの魔笛》の組み合わせや,先ほど紹介した《永久の歌声の人魚》との相性もよく,簡単に広範囲のユニットを対象とすることが期待できる.

テンポは稼げないものの,自分のユニットを戻すことでCIPを使いまわすこともでき,《わだつみの声 アンジュ》でアドバンテージを稼いだり,時代IVの《モーツァルト》でロックし続けるという動きも面白そうだ.こいつらどれも音楽家だ.うれしい!