tamaフルスポ出たようなので,いけてそうなカードのファーストインプレッションをさくさくっと.次は黒です.

それでは続きからどうぞ.

《ジャック・ザ・リッパー》

発展時に盤面のユニットを触れるということが非常に大きい.ノーコストの除去というものはカードアドバンテージだけでなく,テンポアドバンテージも稼ぐことになるためだ.

しかも,クロックが増加するという恐ろしいことまで書いてある.《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》のように素のATKが1だとかなら理解ができるが,《ジャック・ザ・リッパー》はなぜか最初からATKが2ある.

《タグの毒矢吹き ヌンガー》

破壊対象が,サイズでどうにかする方法では対処がしづらい時代Iビートに対する回答となっているのが良い.

今回は紫と黒に『ソウルチェンジ』(以下SC)が追加されたが,紫とは違い,同じSC元から《タグの屍術師 グッコ》という優良なSC先があり,SC元を共有することができたり,相互にSCすることもできる点も大きい.

《玉藻前》

最初から2コスト2000と及第点の能力は持っているのがすばらしい.

真価を発揮する条件がターン数によるものではなく,ダメージによるものなため,負ける前にはライフが減るのが必然であり,必ず活躍する場面がやってくるというのが腐ることがなく,優秀であるといえる.

《盗賊王 ギルスティン》

アドバンテージの塊.

SC元がアドバンテージをとった後のユニットであることが多く,とりあえずSCして出すだけで1アドは稼げるのは良い.デッキの方向性は固定されるが,その後はアドバンテージの固まりとして仕事をしてくれるだろう.

クロッカーとしても十分なスペックを持っているのも見逃せない点だ.

《廃都の生き残り》

ハンデスができなくても,相手のハンドを見ることができるというのはそれだけで相手のプランを知ることに繋がり,自分の手札の使い道を決定しやすくなる.

サイズが2000あるため,1500サイズの盗賊とは違い,相打ちをすることができる対象が大きく広がるのは,明確な差だろう.

《リャブー族の輪唱術師》

《リャブー族の黒霧溜め》というより,《黒の突撃》を内蔵したユニット.《ガイランストライク》のようなATK一点集中と相性が良いほか,SSが6枚程度しかなくATKが3000までしか伸びずに突破は狙えない《落雷の小妖精》を5点は通せたり,何より出してすぐにばら撒けるというのがワイプが必要な《リャブー族の黒霧溜め》との大きな差である.あと,こちらはコストがいくつでも良いので《ぶち殺しのトレント》にも使えたり.

蛇足だが,カテゴリ音楽家でもある.

《暗殺》

やっとテンポアドバンテージを得やすい除去が出てきました.レベルIIのユニットはほぼ3コスト以上だからだ.

《黒宮の焼却炉》

やっと出た墓地メタカード.回収テキストに対応して無効にする他,《斉天大聖》や《ラスプーチン》,《不死兵団》といった帰ってくるメンドクサイやつらを消し飛ばせる.キャントリが付いているため,ラスクロにありがちな,メタにはなるけど結局1アド損はしてねというカードではないのも高評価.

《マスタートウリョウ キズキ》で回収して他のカードに変換するということも可能だが,基本的に《盗賊の魂》で相手の動きを制限したほうが,動きを読むこともしやすくなるため,コントロールとしては《盗賊の魂》に軍配があがる.ただし,相手が手札を使い切ってハンデスできないというときは別だろう.そもそも,そうなったら何もしなくても勝てるからどうでも良い?いえてる.

《ロヴォスの暗黒祭壇》

《腐肉の巨兵》やつが眠りから覚めるぞ……!ウッ!5点ダメージ!!

2点ダメージで1枚カードを得するといえば《闇の全知者 ヴァイヤ》だが,こちらは墓地から出てくるため,手札にカードを揃える必要がある《闇の全知者 ヴァイヤ》よりアドバンテージを取りやすいことが予想できる.配置コストも踏み倒せるため,テンポの面でも有利になっていけるのも大きい.

ライフが減るものの,白のライフゲインカードはどれも非常にコストが安く設定されているため,それらで相殺していくのも容易だろう.

一番気になるヤツ

《魔鋼の機人 ゼノ》

発展しないビートでは《地荒れ熊》のようなスペックで戦うことができるだけでなく,《最後の白牙族》にとってはCAヤードを減らすことは,そのままメリットとなる.

発展するデッキでも時代IIIからは2コストユニットとは思えないスペックとなり,コストもCAが余っているタイミングであればCAを,そうでないならライフと,そのタイミングで都合の良い方を選ぶことができるのが魅力だ.

書いてあるCAが1なものの,追加のCAを狙うことができるため確実にCA2以上は見込める.結果的に3~4であることがほとんどだろう.《リチャード獅子心王》でも書いたが,CAを上手に稼げるカードはそれだけで価値があるといえる.

CA4でめくってしまったときは,せっかくCAが7になっても発展できないので,残念だが,CA2をめくったと思ってあきらめよう.それでも,戦場の《魔鋼の機人 ゼノ》やその他のCAヤードをコストにするカードにとっては,超過したCAをコストに使えるため,ただCA2をめくるよりは都合が良い.