フルスポ出たようなので,いけてそうなカードのファーストインプレッションをさくさくっと.次は紫です.

それでは続きからどうぞ.

《アッティラ》

《アーサー》と同じく王である.

2コストで3000というパワーは《ジャンヌ・ダルク》と時代を上げない系ユニットといった,デメリットを持っているユニットたちだけのなか,《アッティラ》はレベルが高いという点しかデメリットといったデメリットはなく,それもATKを増加させることで帳消しにすることができる.

今回,紫にはそのデメリットを解消できるATK増加効果が多く配られたため,レベルが高いというデメリットは問題とならずに時代IIから暴れてくれることが期待できそうだ.

3000という高いパワーは,一気に増加させたATKをライフに通すのに一役買ってくれるだろう.

《大翼の勇者 スワティマ》

《後詰めの達人》というカードを知っているか?彼の強さを私は忘れない(ソリューションカードとして東京予選で使った).エピックになったとはいえ《後詰めの達人》の完全上位互換である.クロックを上げつつ本体が殴る必要がなくなったため,回避能力がなくても置物として比較的運用がしやすいだろう.

実は完全上位互換というのは嘘である.《虎面の大盾 リズネル》が全て悪い.

《魔杖の雷力師》.

紫の2500レベルIやつ.条件は《いかづちの連弾》が要求していることと同じなため,雷力デッキであれば,デッキ内で余分なギミックを用意することなく能力を発揮できる点が非常に優秀.

《紫式部》

たとえば,時代IIで《アッティラ》を出しながら,《アッティラ》に2回アビリティを使用するだけで4点のクロックの追加をすることができ(そのまま《アッティラ》は『速攻』でアタックまで),さらに次のターンにエピックを追加すれば3点追加を2回で6点分クロックの追加と,どう見てもおかしな動きをすることができる.

ユニット1枚で出せるクロックは,レベルII以前では基本的に2点であることを考えれば,1枚でこれだけの追加が見込める《紫式部》の強さはおのずと理解できるだろう.

《伝承の紫炎》

デッキを選ぶ効果ではあるが,1コストで3000まで除去できるテンポは異常.まったく発展しないデッキと相性が良さそうに見えるが,そういったデッキだとCA3が少なく反対に活躍しにくいかもしれない.1コスト2000火力でも十分といえば十分ではあるが.

一番気になるヤツ(ら)

《雷力の先導者 メイザー》&《雷震波》

雷力デッキは全体的にスペルが重く,それを軽減するための《雷力剣士隊長》を準備するために序盤の動きがもっさりしたり,そもそも引けずに,低コスト高パワーな早いビートダウン相手に重いスペルで対応せざるを得なく,テンポ損をして捌けず押し切られてしまうといったことがあった.4弾からは2コストパワー3000の《モンテスマ》が更に追加され,3コスト2000火力の《いかづちの連弾》や4コスト3000火力の《雷力の飛矢》では,もうどうにもならないことは明白だ.

そこで《雷力の先導者 メイザー》から踏み倒して唱えられる《雷震波》の出番である.一気に3体のユニットがいなくなれば,相手の速度も急激に落ちるため,その後《雷力剣士隊長》や《雷力師団長 ニコレアナ》を並べ万全の盤面を作る余裕も生まれるだろう.

ソウルチェンジ元とソウルチェンジ先を揃える必要のある上に,スペルまで用意するのは厳しそうに見えるが,ソウルチェンジ元を《見習い雷力師》としたときは《雷震波》をサーチしてくることができるので,《雷震波》に関しては実質6枚のどこかを引けば問題ないのだ.