なすなすフルスポ出たようなので,いけてそうなカードのファーストインプレッションをさくさくっと.まずは白から.

それでは続きからどうぞ.

《祈りの護衛士 アルル》

ある種の《メディアの従者》のようなユニット,システムが除去できないヤバさは《メディアの従者》で十分理解されているはず.

《グレート・グランシープ》

やはり基準サイズと活用しやすいメリット効果を持っているのは優秀.

《鉄の聖霊》

発展しないアーキタイプに刺さる1枚に見える.しかし,そのアーキはもう3000ラインを基本としているため,《神話の歌い手 サフォーナ》等と合わせる必要がありそう.

《神速の討魔騎士》

アリオンに嬉しい2000/2ユニットの追加.しかもこちらは実質1コスト.

《誓剣の重騎士》

白にとっては貴重な,動かない相手に対しての除去を担えるカード.とはいえ扱いづらさはある.《因果律の修正》の二の舞となってしまうか?

《聖女教皇 ファムナス》

発展しないアーキに対する最終兵器.ラインが1000増えると,発展しないことが利点となるユニットと同程度のコストパフォーマンスが得られることになるのが大きい.

《生還》

ただのサルベージカードではない.コンバットを含むインスタントタイミングで枚数上はディスアドなしでユニットを出せる.

一番気になるヤツ

《リチャード獅子心王》

まず注目すべきなのはCB.場にいる《リチャード獅子心王》自身とシナジーするだけでなく,CAが低いカードをコストにすることで,擬似的に3ターン発展の可能性を引き上げてくれる.2000ラインであってもCA2なマルチカラーのカードが出たことで,デッキ内におけるCA3の配分が以前以上に難しくなることが予想されるため,この効果は構築する上に大きな助けとなりそう.

ユニットとしても最低でも3500/2,CA3が出ずとも基本的にはCA2は出るはずなので4000/3とレベルIIIでは十分といえるスペックで殴ることができ,さらにクロノチェックをするカードと組み合わせることでクロッカーとしては強力過ぎるといわざるを得ない能力を発揮できるのも魅力だ.