089

今回は,ふえればどんどんかたくなる《五賢島会談の守備兵》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

ビートではなくコンボとしてのアリオン

《海凪の皇女 ナナツキ》《白森の戦姫 ミーウ》の5体を揃えることを目的としたアリオンデッキでは,5体そろうまでは相打ちとなるアタックせず守りの動きをすることも多いため,そういった場面ではブロック時のパンプテキストが活躍しそうです.

《アリオンの騎士》が3000ブロッカーとなるのはなかなか大きそうです.

でも3コストって展開が遅くなる……

アリオンは《海凪の皇女 ナナツキ》《白森の戦姫 ミーウ》の関係上,多くユニットを並べたいのですが,《五賢島会談の守備兵》は3コストと,ユニットを多く展開することに適していないことが懸念されそうです.

アリオンでは2コストユニットが多いため,SS4枚で1ターンに2体を展開する動きをするためにSS4枚で止めることも多く,そういう場面で展開を阻害しない1コストのカードの追加を期待したいところですね.