054

今回は,稲妻ミノ強いんだからこいつも強い?《雷魂の大飛竜》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

魂石ドルイドが早期から相打ち可能に

《魂石のドルイド》は普通に使っていると,SSは加速されるものの時代IIIまでは相打ちも難しく,実質2マナのテンポロスをしてる状態になりがちですが,《雷魂の大飛竜》に繋ぐことができれば,次代IIの時点ですぐに2500ラインまで相打ちをできるようになります.

また,今までは引いたらほぼ完全に死に札だった《流浪のドルイド》にも相打ちできる相手ができます.

ただし,『魂石化』との相性は良くないことは忘れないようにしたいですね.

CBも橙紫向け?

橙紫といえば,伸ばしたSSから《ゼフィロンの同盟兵》《雲荒らしの雷吐き》のアビリティで場を焼いていく動きがよくありますが,CBもそれと相性が良く,《雷魂の大飛竜》のコストの大きさをカバーできる橙のデッキとは非常に相性が良いと言えそうです.