045

今回は,おこなのは紫使われてハンニバルめくられてる側《操雷の大魔術師》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

面白いけど使いづらそう

アクションアビリティで全体火力を出せる新しいタイプのユニットですが,時代IVまで使うことができず,そのころには1500程度の火力では力不足で,他のカードと合わせる必要がある上に,《雷流術》と合わせるにしてもこのユニット自体がパワー1500となっているために破壊されるため,割に合わなさそうです.起動コストも重く,合計7コストも必要なため橙と組み合わせることが前提となりそうです.

パワーが下がる前も3000/ATK2とユニットとしては弱いため,現在のプールでは所詮CA3の面白ユニットとなりそうです.

大型にCA3を割く方向性……?

《グレート・グランシープ》に引き続き,CA3の重めのユニットが増えるようで,今までの構築の重めユニットの枠にCA3を割けるようになり,発展速度を上げることの可能性が増えた他,今までは2コス2000や3コス2500でCA3の枚数を増やしていた環境でしたが,あえてそこをCA2ユニットにして,重めのユニットでCA3を用意するといった,新しい構築の方向性があるのかもしれませんね.