036

今回は,コストを支払ってカーリーンCIP《若木の援兵》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

カーリーンと違って弱いユニットを出さなくていい

《戦刃の踊り手 カーリーン》のCIPと同様の効果のSBを持つユニットですが,《戦刃の踊り手 カーリーン》とは違い,2000ユニットを出す意味が薄い場面でもクロックの増加を狙うことができることが差異と言えます.特に,パワー+2000/ATK+2を使用できる時代III以降では2000ユニットを出しても盤面への影響が薄いため,SSに回しながらこの効果を使えることが利点でしょうか.

といっても後半にSSを伸ばしたい?

パワー2000ユニットが盤面への影響が小さいとはいえ,時代III以降にSSを延ばしたいか……?といわれるとこれまた疑問ではあります.《斉天大聖》の犠牲にするSSを稼ぐことができる,というのは意味がありそうです.