final

エリア予選を勝ち抜いたプレイヤーの集う,ラストクロニクル第1回全国大会決勝に参加してきました.

それでは対戦レポートは続きからどうぞ.

使用デッキは

対戦レポート

1回戦

相手: CB

先手は取れてるものの,後手1《血風の狂戦士 バルカヌス》スタートされるやばいスタート,CB《血風の狂戦士 バルカヌス》ケアで後手2の《呪殺》で落とす,

《開眼する修行僧》も《呪殺》,《ラスプーチン》めくれ《マーリン》,アタックしてきた《ラスプーチン》を先に発展して《皇護の刃 イズルハ》でCAを減らしながら盤面増やす,《バストリアンバーサーカー》《ラスプーチン》《マーリン》からの《海部の将 ミフネ》を《時移しの魔笛》で動くようにした《皇護の刃 イズルハ》でキャッチしつつ相打ちを取り,別の《皇護の刃 イズルハ》で残ったユニットを落として制圧して勝ち.

2回戦

相手: 白黒にるしー

にるしーなかでだすぞ!早々SSと《夜を盗むもの ライーサ》CBのディスカードで2枚《悲哀の堕天使 ニルシー》が見える.

押し切らないとまずい相手なので,こちらはどんどん並べて殴るところを,《龍王の厄災日》で3枚持ってかれ,《不死兵団》を1枚戻して再度クロック追加.

《ヴラド・ツェペシュ》がきてだるくなるものの相手はレベル2が出ないので殴り続ける.時代3で《邪光の獣 ニルヴェス》にカウンターが乗るのに対応で《郷愁の唄》でバウンス.

《織田信長》が出てきたりするものの《霊薬士 マキナ》と《モーツァルト》が展開速度に差をつけて勝ち.

3回戦

相手: 黒橙

ふぃーちゃーまっち

《神山の竜脈》スタートから相手の《ギサの賞金稼ぎ ネアルピ》は《呪殺》でストップ,《猛り地の眷属》が出てくるものの,こちらが発展時に《皇護の刃 イズルハ》を取ったためか『勇猛』を付けて殴ってくるために使えるソウルが縛られ,クロック伸ばしてこなかったので,ライフ受けながら盤面揃える.

殴ってきた《猛り地の眷属》を《龍王の奇兵》でキャッチしたとき,こちらが一方を取られる動きをしてくれたおかげで相手のSSが3でとまってメディア砲が動かず,こちらの《疫魔の獣 イルルガングエ》が育ちきって7点ロングシュートねじ込みつつ勝ち.

4回戦

相手: 青橙コン

先手取られた上に,先2ソウルチェネリングでおわた.

発展時に《アルキメデス》と《青の宝樹》を育てられ,とりあえず出した《メディア》は当然のように持っている《アースドラゴン》,《皇護の刃 イズルハ》は時代III発展時に《トポカ宮の氷結術士》で固められもうだめやねこれって感じで負け

5回戦

相手: にけみふねどぅーす

騎士を展開されるものの,全力で伸ばしたSSから着地させた《龍王の奇兵》が仕事をして押し返し,《海部の将 ミフネ》も《青の宝樹》からキャッチ,《龍王の厄災日》後は《疫魔の獣 イルルガングエ》を育てて,相手のライフに9点シュゥゥーッ!して勝ち

6回戦

相手: 黒青みついプロ

またふぃーちゃー・_・

《変幻の鏡》と《ラスプーチン》が入っているという点で大きな差を感じたマッチアップ.

内容は相手に《メディア》を引かれず,《青の宝樹》を一方的に使って上からクロックを刻むゲームになり勝ち.

決勝シングルエリミ1回戦

相手: 紫橙きなこマン

CAヤードが222で発展しないもののこちらの場3か4体と空の《黒の宝樹》,相手の場更地,ライフ11-9で押し切って勝ちを確信してSS全タップして展開したところに《落雷の小妖精》が飛んできて負け.

結果

TOP8没(/_;)

222しなければだとか,ライフと盤面と手札で勝っているからいけると思ってワンチャンカードの存在を忘れたための負けなのが残念でしたが,握ったデッキが後々考えると100点デッキだとは思えないデッキだったので仕方ないですね.

0-2からラグナロクバトル参加やーーという意気込みでしたが,良いのか悪いのかそれも叶わず,一番好きなカード,《皇護の刃 イズルハ》3枚にサインがもらえたのが一番のおみやげでしょうかw

トロフィーもメダルも取れない全国大会でした.次の千葉に向けてまた再出発.