deck

ラストクロニクル第1回全国大会決勝にて使用し,決勝トーナメントまで抜けたもののベスト8没したデッキ,「青黒コントロール - 目玉をシュゥゥゥーッ!」の紹介です.

それではリストと解説は続きからどうぞ.

CA CB CA CB
3 《疫魔の獣 イルルガングエ》 2 3 《呪殺》 3
2 《麒麟の奇兵》 3 2 《カオスバニッシュ》 2
3 《メディアの従者》 3 3 《郷愁の唄》 3
3 《わだつみの声 アンジュ》 1 CB スペル8
3 《蒼眞の伝令》 3
1 《熊猫の奇兵》 2 2 《黒の宝樹》 2
2 《不死兵団》 2 1 《青の宝樹》 2
3 《メディア》 2 3 《時移しの魔笛》 3
2 《盤上自在 シュン・カー》 2 1 《ミスラムの神玉》 2
3 《モーツァルト》 2 CB ヒストリー7
2 《霊薬士 マキナ》 2
3 《皇護の刃 イズルハ》 1 CB
2 《ルシファー》 2
3 《龍王の奇兵》 2
ユニット35

CA3:17 CA2: 27 CA1: 6 CB: 9

めだまかわいいよかわいいよめだま

デッキコンセプトは「好きなカードを使おう」です.私が最強ユニットだと考えた《龍王の奇兵》と《疫魔の獣 イルルガングエ》といったマスコット的カードを擁す黒勢力に,《皇護の刃 イズルハ》《わだつみの声 アンジュ》といったブヒブヒカード,あそういうのいらない?

レベルIIIユニットを立てて制圧し,相手に合わせたカードを並べていく

《龍王の奇兵》や《皇護の刃 イズルハ》といった,盤面でアドバンテージを取ることができるユニットを展開し,時代IIから《時移しの魔笛》によって戦闘できることを利用して時間を稼ぎながら盤面を作り,場を制圧していき,あわよくば目玉をシュゥゥゥーッ!していくのがメインの戦い方のデッキになります.

めだまかわいいけど青とか黒相手にはあまり出さないよ

《疫魔の獣 イルルガングエ》は,育てば焼きづらく戦闘でも破壊しづらい超強力な戦力となりますが,青や黒を相手にした場合,バウンスやサイズを無視した破壊効果によって破壊されやすく,保護する要素も盛り込んでいないため,育成が非常に困難となります.

したがって,そういう相手には出さずに《メディア》の玉にしたり,持ち前のかわいさを武器にSSから応援するのがメインの仕事となります.

当初は《変幻の鏡》といったパーツを採用していましたが,置く余裕ないっしょ∩(⊙‿⊙)∩ということで抜かれることになりました.

めだまがだめなら《黒の宝樹》をそだてよう

そんな相手には,かわりに《黒の宝樹》を育ててわからせてあげましょう!

何このカード

3コスト2000ユニット

《不死兵団》は,単純な時間稼ぎやメディアの玉,《龍王の厄災日》を構えることができる白相手にも平気で出していけるクロックにもなるとして,当日に採用しました.

《熊猫の奇兵》は,同様な仕事をしつつ,個人的に非常に評価の高い《龍王の奇兵》を再利用できるという点から,1枚採用をしています.

囲碁マンはどこ シュンwwwwwカーwwwwwww

《龍王の奇兵》から飛び出てくるのが盤面から2枚のユニットを消すことができ,カード枚数や展開のテンポの両面で強力な《本因坊秀策》ですが,何度か試してみたものの,そもそも《龍王の奇兵》を消費しながら2500しか残らないのが弱いのでは?という判断から,結局採用にはいたりませんでした.

《盤上自在 シュン・カー》は,《龍王の奇兵》のレベルを下げつつ『オーラ』を持たせることができるという役割が,環境にいそうなアリオンデッキの《海凪の皇女 ナナツキ》からのシュートを止められる要素のひとつとなるため,採用をしました.

そーまは《蒼眞の伝令》だけ?

受けの展開が多くなるこのデッキでは,攻めに有効な能力が多い他の2コスト2000CA3より,次のクロノチェックの際に《蒼眞の伝令》自体を埋め込みCA3を確定させ,発展を安定させることができるという点が優秀と考えて採用となりました.