002

今回は,《神話の歌い手 サフォーナ》のお知り合い?《在りし日の語り部》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

1つラインがあがるのはたんじゅんにつおい

ラインが1つ変わるというのは,ぱっと見微妙に感じますが,普通では絶対に到達できないサイズに達したり,単純に同じカードのぶつけ合いでは負けなくなるなど,パンプカード1枚で相手より優位に立つことができ,非常に優秀といえます.

1弾環境からあった500パンプカードだった,場持ちのよい《アンクアの護符》が時代IIIから限定であるのにもかかわらずコストが4もかかったり,《神話の歌い手 サフォーナ》さんはすぐ落ちる2000サイズという,比較的使いづらい調整であったことからも,強い効果であることが理解できるかと思います.

《神話の歌い手 サフォーナ》と並べるのが安定?

《神話の歌い手 サフォーナ》でよく見かけたのが,《雷流術》で《神話の歌い手 サフォーナ》が落ち,2500になっていたユニットのパワーが2000に戻り,更にそちらも落ちてしまう,というシチュエーションでした.

そこで《在りし日の語り部》さんの登場です.

《在りし日の語り部》と《神話の歌い手 サフォーナ》を並べ,お互いに500ずつパンプすることで,どちらも《雷流術》で落ちなくなるために,場の安定性がぐっと上がりそうです.

しかもこいつ並ぶんだぜ……

先ほどあげた,《神話の歌い手 サフォーナ》と《アンクアの護符》がEPICカードだったのに対し,なんとこちらはEPICではない……並べるだけ大きくなるとはこれは驚きですね.