001

さて,ラスクロオンラインのシールドに夢中で間が空いてしまいましたが,今回は,なんとも言えないカードと思われているSレアカード《アプロディテ》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

君は《テバの天空庭園》を知っているか!?

時代発展をサポートするカードといえば,1弾時点で《奇跡の体現者 エルゼー》と《テバの天空庭園》と《アーサー》の3枚が存在していましたが,比較的軽い条件で条件を満たせるのは,《テバの天空庭園》のみでした.

この《テバの天空庭園》のコストは(1)(白)で,さらにEIPCヒストリーでもあるため1ゲームに1回しか加速することができせまんでした.

それと比較すると,《アプロディテ》は(白)が重いだけで,時代IIIからという制約はありますが,破壊されるたびに複数回加速ができ,チャンプブロックや相打ちなどでライフレースにも貢献できるという,ぱっと見とは違い,意外なほど相対的には強いことが書かれていることがわかると思います.

でも時代加速が意味があるのって早いタイミング……

時代事故が,時代IIIからIVへの発展の際に起きるより,時代IからIIへの発展のときに起きるときのほうが,その後の時代IIIとIVへの発展も同様に遅れ,辛くなることは,ラスクロをプレイしている皆様はご存知の通りかと思います.

つまり,時代IIIになってからやっと加速できるかもしれないという《アプロディテ》は,やっぱり微妙,なのかもしれません.

じゃあ早く動くようにしよう

青の《時の捻じれ》や《時移しの魔笛》といった,レベル操作のカードをあわせれば,早いタイミングで起動できるようになり,時代発展加速の本当に美味しい部分を活用できることが期待できそうです.