071

今までは,公式のフレーバー紹介の順にレビューをしてきましたが,《ミョルニル》について,個人的にちょっと先にまとめておきたかったので,今回は,トールハンマーこと《ミョルニル》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

『速攻』と『勇猛』による優位性

《ミョルニル》で付与できる3つの能力のうち,『速攻』と『勇猛』について.『突破』は単純にチャンプを許さないって話ですしね.

『速攻』

本来1ターン先にしかできない攻撃が可能になるということは,それだけ早く相手のライフを減らせ,ダメージレースに有利に働くことが期待できます.

更に,『速攻』はどのようなユニットがアタックしてくるかは予想するしかなく,奇襲性があるために,確実な対応がされ辛いという点も評価ができます.特に,パワー4000もあるユニットとなると,対応をされると取られるアドバンテージも大きいことが予想できるため,その点も噛み合っているといえそうです.

『勇猛』

生き残ればそのまま1枚のユニットがブロッカーとして働き,アタックとブロックと2枚分のユニットとしての働きが期待でき,仮想的にカードアドバンテージ,実質的なタイムアドバンテージへとつながります.特に,大型を急に走らせることができる《ミョルニル》は,アタックしたユニットを生き残らせることができる可能性が比較的高く,『勇猛』を有効に働かせられることが期待できそうです.

と2つの有用なキーワード能力を付与してくれる分,使える対象が狭い《ミョルニル》ですが,せっかくなので時代IIIから使えるパターンを集めてみました.

具体的にレベルIIIパワー4000↑を見れるユニット

  • 《竜騎士 イェルズ》
  • 《トール》

  • 《ガイラントの同盟兵》

橙も必要なのは難しい?

  • 《ヘラクレス》
  • 《女拳聖 ベルカ》
  • 《アルバネスの闘神官 ラミカ》
  • 《不敵なる勇士》
  • 《戦刃の踊り手 カーリーン》
  • 《森の守り手》
  • 《巴御前》
  • 《アトラス》

《戦刃の踊り手 カーリーン》に関しては,自身をCIP対象に取ることで擬似的に4000に乗れます.《森の守り手》に関しても,時代IIからIIIに発展するタイミング限定ですが,同様に可能です.

《巴御前》も一応テキストで4000に乗ることが可能ですが,3回起動するのは非現実的かもしれません.

  • 《クロノウォーマシーン》
  • 《ナイトクドゥラク》
  • 《モロクの火炉番》

《ナイトクドゥラク》と《モロクの火炉番》はテキスト起動によってパワーを上昇させることができます.《モロクの火炉番》はCAが4も必要なのが少し難しそうな感じもしますね.

時代IIIで,他のユニットをパワー4000にできるカード(CB依存以外)

パンプテキストなどでパワー条件を満たすのに役立ちそうなカード群です.

  • 《雨雲の魔術師》

  • 《神話の歌い手 サフォーナ》
  • 《在りし日の語り部》
  • 《百の騎士長 ドゥース》
  • 《ニケ》
  • △《聖戦の祝福》
  • 《ホーリーハンマー》

《百の騎士長 ドゥース》に関しては,『突破』以外は自前で用意するため,あまり効果はないかも.

  • 《生きた大剣》
  • 《戦刃の踊り手 カーリーン》
  • 《森の守り手》
  • △《巨体化》
  • △《祖霊からの助力》
  • 《アンクアの護符》
  • 《七星剣》
  • 《パワーサークル》

《森の守り手》はIIからIIIへの発展ターン限定.

  • △《狂乱の士気》
  • 《ダークマテルの指輪》

  • 《時の巫女》
  • △《時の捻じれ》
  • 《時移しの魔笛》

青のレベル操作は,レベルIVのパワー4000ユニットのレベルを下げて運用可能.

※見えないトリックとして使えるカードは,あえて見えるパンプに使うのもどうかという気がするため△マークを付けました.

なんとなく,橙と合わせるのが丸そうで,黒とあわせるのも大穴みたいな感じがしますね.