uzume

今回は,CIPドローでディスアド無しな『ソウルチェンジ』を可能にする《水弾の射手 ウズメ》について触れていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

ディスアドなしとはいえ,地味なトリガーアビリティ

『ソウルチェンジ』によるトリガーアビリティはディスアドなしとはいえ,《タグの屍術師 グッコ》や《竜騎士 イェルズ》も同様にディスアドなしな上に,あちらは盤面に変化を与えるためにテンポアドバンテージを得ることができているため,比較すると《水弾の射手 ウズメ》の『ソウルチェンジ』は非常に地味と言わざるを得ません.

『ソウルチェンジ』元の《マシュラ沖の知恵者》のPIGにも1ドローがあるため,合計で1枚アドバンテージが取れるとはいえ,やはり劣ると考えられます.

一撃必殺の大量ワイプ!

《水弾の射手 ウズメ》は『ソウルチェンジ』ユニットの中ではサイズもATKも低いですが,唯一アクションアビリティを持っています.

このアビリティは手札1枚と引き換えに1体をワイプする……というと《凍結》と違ってカードも減るため地味に聞こえますが,《水弾の射手 ウズメ》単体で手札の数だけ連打ができ,その気になればすべてのユニットをワイプすることができるという点が,《凍結》との大きな違いです.

ゲームに勝利さえすれば,ディスアドなど関係ないため,場に出ている自分のユニットの攻撃をすべて通すことが可能にできる一撃必殺をちらつかせることができるというのが《水弾の射手 ウズメ》の一番の特徴であると考えられます.

この効果には,《海部の将 ミフネ》や《紫電の刺客 アズラール》,《嵐の進撃》といった,全体のATKを増加させる効果が相性が良さそうです.

でもカテゴリ人魚が少なすぎる……『ソウルチェンジ』しない?

《マジュラ沖のマーメイド》と《マシュラ沖の知恵者》しか『ソウルチェンジ』元がありません……アクションアビリティ目的に,普通に出して使うのも一考するべきかもしれません.