さて,新制限の環境の9月になりました.

アルティメットがいくつか増えるのにはまだ半月ほどかかりますが,その間に使われそうなカードをいくつかピックアップしていこうかと思います.

それでは続きからどうぞ.

ネクサスだとか乙女座だとかミストとかが使いやすく

《侵食されゆく尖塔》

今までも白黄ネクサスタイプのコントロールで使われていたネクサスですが,今後《双光気弾》で破壊される可能性が減り,安定したコア供給システムとして信頼性が上がるため,以前よりも更に使いやすさが上がると予想がされます.

自分のターンにドローソースや盤面のカードを増やすためにコアを使い切った上で,相手のターンで双翼乱舞のバーストからメインまで使ってさらにドローする動きが多く見られそうですね.

《青玉の巨大迷宮》

《侵食されゆく尖塔》同様,マジックでの破壊がされづらくなるため,CIPによる破壊に耐性を持てるこのカードによって更にネクサスを場に展開しやすくできるのが予想できます.

処理されづらいウィニー対策となるのが良いですね.

《戦神乙女ヴィエルジェ》

アルティメットは止まりませんが,まだアルティメットはほとんどいない環境.

《騎士王蛇ペンドラゴン》がいなくなり,コアシュートによる除去の危険が減ったため,割と無理に出してロックしていける場面が多くなりそうで,破壊されても手札に戻りすぐに出しなおすことができて,かなり嫌らしいカードになりそうです.

《ワルキューレ・ミスト》

同上.ブロッカーとしても優秀で,このカードに付いたブレイヴはほぼ破壊されないため,ループによるフィニッシャーともなります.

更にそれらが使われる環境となることを見越し

《ボルカニックブレイク》と《鳳凰竜フェニック・ソード》

赤デッキであれば,ネクサス破壊にこれらのカードが活躍しそうです.

ただし,前者は《ノルンの泉》によって白黄ネクサスには無力化され,後者は《青玉の巨大迷宮》によって無力化されてしまいます.

《ガイミムス》

黄デッキであれば,大天使アヴリエルによってノーコストで出せるほか,いつか話題になった4コストを中心にしたビートダウンデッキのようなデッキでも採用ができ,ネクサスを使ったロックデッキに対してアドバンテージをどんどん取っていくことができそうです.

《砲凰竜フェニック・キャノン》

赤や白だとこのカードでもネクサスを飛ばしていけますね.《鳳凰竜フェニック・ソード》と同じく,《青玉の巨大迷宮》に無力化されるのが難点です.

《ネガ・テュポーン》

デザイナーズデッキな白紫だとこのカードがネクサス対策になりそう.ではあるものの,根本的に解決にはなっていないので,テンポを取ってそのまま勝ちにいけるゲームメイクをしていきたい.これもまたまた《青玉の巨大迷宮》で止まるのは仕方ないですね.

《旅団の摩天楼》

《戦神乙女ヴィエルジェ》も《ワルキューレ・ミスト》もコアをはずせば怖くないぞ!きょ,【強化】すればこわくないし……!!