バトスピMAXからしばらく経ってしまいましたが,バトスピMAXといえば,毎年恒例の制限改訂を期待されている方も多いかと思われます.

今年もたくさん制限追加と,期待に応えてくれましたね.

変更があったカードリスト

伝説入り禁止カード

  • インビジブルクローク

究極1制限カード

  • 森羅龍樹リーフ・シードラ
  • ストームアタック
  • 双光気弾
  • バルカン・アームズ
  • 騎士王蛇ペンドラゴン
  • 北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン(各色)

となっていますが……ちょっと文句も言いたくなる,というかバトスピの今後が不安になるような部分もチラホラあります.それについては,続きでちょちょいと書きましょうか.

アルティメットが代わりを努めるぞ《インビジブルクローク》

合体マルチシンボルによって《インビジブルクローク》が1枚制限となり,今となっては3,4シンボルまで普通に作れるようになり《インビジブルクローク》の凶悪さがどんどん上がっていました.

そして,《インビジブルクローク》の出た当初の役割であった,「確実に1点を通す」カード(と,今のところ公開されているカードを見る限り考えられる)が,アルティメットとして作られることとなります.

これによって,合体マルチシンボルを通すカードと役割が変わってしまった《インビジブルクローク》は禁止として,本来の《インビジブルクローク》としての仕事はそちらに代替わりするのでしょう.

カードではなくあなたがクソゲーメーカー《森羅龍樹リーフ・シードラ》

一時期話題となった《森羅龍樹リーフ・シードラ》ですが,なぜ,このようなカードを,このタイミングで制限に入れる必要があったのでしょうか,一部のユーザからは「何もできない」「クソゲー」と言われていますが,本当にこのカードがあると,何もできなかったのでしょうか.

私は,そうは感じません.なぜならば,《森羅龍樹リーフ・シードラ》でアタックして,何もさせずに勝つためには,大量のコアに加え,緑シンボルという準備が必要だからです.

確かに,一時期は環境に《烈の覇王セイリュービ》といったカードと同席しており,そのときには無理やり出し,【烈神速】でコアを乗せた上で緑シンボルまで用意するという荒業が可能で,それは『クソゲー』と言えたかもしれません.しかし,《烈の覇王セイリュービ》が禁止となった今,そのようなことはできず,準備が間違いなく必要となっています.

準備をする間には,『何かできる』時間は間違いなくあったはずです.その時間を無駄に使い,『クソゲー』メーキングをしたのは,《森羅龍樹リーフ・シードラ》にやられた側なのではないでしょうか.

確かに,デッキ事故などでどうにも出来ないこともあるかと思います.ですが,事故であれば相手が何のデッキでもおそらく負けであったことには違いなく,原因は《森羅龍樹リーフ・シードラ》にはないでしょう.

何より,《霊峰魔龍ヤマタノヒドラ》というカードが,このカード以上に一方的なゲームを高速で押し付けている現状があり,そちらではなく《森羅龍樹リーフ・シードラ》を規制したのは,意味不明といわざるを得ないです.

自分たちでカードの評価をせずに,半年ほど前に行われた「(好き)嫌いなカード投票」で嫌われていたから規制した,程度の印象を受けざるを得ません.

緑がそんなに嫌い!?《ストームアタック》《バルカン・アームズ》

これまた,《森羅龍樹リーフ・シードラ》に続き,緑に入っていた2枚ですね,今となっては緑しか結果を残さない環境,とはなっていませんが,この2枚が緑の安定感を上げていたことは間違いないですね.

《バルカン・アームズ》が《ダンデラビット》に合体して,《ストーム・アタック》をドローしていった上で,ダブルシンボルの連続アタック一瞬でゲームを終わらせるパターンもありました,このパターンをなくすためのセットでの規制,なのかもしれませんね.

《ストームアタック》はコストもそれほど重くなく,事故要因ともなりづらい上に,ミラーマッチでは特に,《ストームアタック》でいかに相手の合体スピリットを寝かして自分の合体スピリットを起こしダメージレースで優位に立つか,相手のチャンプブロッカーを寝かして破壊後バーストを撃たせないようにできるかといった,どちらが多く《ストームアタック》を引いたか次第なゲームになっていた点はありましたので,規制はやむなしかもしれません.

便利だったのに《双光気弾》.ロックネクサスどうするつもり?

星座編ではブレイヴが主役だったので仕方ないものの,覇王編に入ってからは当然のようにおまけでブレイヴが割れるようになりましたね,その先駆けとなった《双光気弾》が規制されてしまいました.

相手が攻撃的なデッキであれば,ブレイヴをアタッカーに合体させアタックしてくるため,そのブレイヴを破壊することができ,引きこもるタイプのデッキであればネクサスで場を固めるために,そのネクサスを破壊することができ,基本的に相手が何でもあまり腐ることがなく,1:1交換で軽減がなくても妥協できるカードだった《双光気弾》ですが,このカードがなくなることで,「どちらかを相手にしたときに腐るカード」をデッキに積まざるを得なくなってしまいました.

合体アタックに関しては,今までも使われていた《幻影氷結晶》や《スティールハート》といった守りのカードで守ることもできないことはありませんが,ネクサス破壊のカードは《双光気弾》に多く頼っていた環境となっていたはずです.

そして,ネクサスを破壊するカードは,引きこもるタイプのデッキでよく採用される,《青玉の巨大迷宮》によって,召喚時による対策では実質無意味となる場面も多く,マジック頼りになる面もあったため,この規制は大きいと感じます.

ミストおとめ座どうするつもり《騎士王蛇ペンドラゴン》

確かに,先手2ターン目で出てきて破壊後バーストを無視しながら一方的に盤面を掃除していくことができた《騎士王蛇ペンドラゴン》は凶悪で,初心者が何も考えなしに大型を2コアで無理やり出して,即座に《騎士王蛇ペンドラゴン》で処理される場面も多かったとは思います.

しかし,《騎士王蛇ペンドラゴン》でなければ処理が非常にしづらい,盤面をロックするスピリット《ワルキューレ・ミスト》,《戦神乙女ヴィエルジェ》を処理できる数少ないカードだったのも間違いありません.

そのため,《騎士王蛇ペンドラゴン》が3枚積めた環境では,考えなしに《ワルキューレ・ミスト》,《戦神乙女ヴィエルジェ》を無理やり2コア以下で出すといった場面も少なかったはずです.

これらの対処方法を今後出すことがないのであれば,ただ単に初心者の無理やり出した大型スピリットが破壊されなくなって良かったね,となる代わりに,ロックスピリットを無理やり出してすぐにロックしてしまうという環境を作っているだけになっているだけと,初心者に媚を売るだけの規制といわざるを得ないでしょう.

真の【抜刀】を見せて差し上げよう《北斗七星龍ジーク・アポロドラゴン》

確かに合体先を出しながらブレイヴを出す動きは強いです.さらに1ドローもあれば当然強いでしょう.

でも,【抜刀】って日本語間違えてるんですけど?

【抜刀】が調整版と言いたいのかもしれませんが,系統:剣刃が前提という時点で,使えるカードは少なく,まじめにデッキを構築した際に,一部のデッキ以外ではただの足かせにしかなっていません.

1ドローをなくすだけにするだけだとか,もう少し何かなかったのでしょうか.

初心者優遇したいのか,そういうわけではないのか

環境にはほぼ存在しないものの,初心者が特に不満を感じていたであろう,《森羅龍樹リーフ・シードラ》を規制し,《騎士王蛇ペンドラゴン》によって,初心者の大型スピリットを即座に処理されることもなくなり,初心者歓迎,と見えますが,《双光気弾》の規制によって,ネクサスが破壊されづらくなるという点と,《騎士王蛇ペンドラゴン》の規制によって《ワルキューレ・ミスト》,《戦神乙女ヴィエルジェ》が対処しづらくなったという点から,初心者が不快感を感じやすい「ロックデッキ」が蔓延しやすい環境になると考えられます.

カード単体では初心者に優しいつもりの制限かもしれませんが,「環境を作る」という面では初心者に厳しい規制・制限で,何がしたいのか方向性が見えない浅はかな新制限なようで残念に感じました