前哨戦にて配布されているPRカード《卑弥呼》ですが,現在この効果を有効に使おうと考えると,相方にする色は黒が一番シナジーしているように感じます.

《卑弥呼》

卑弥呼 (王冠) (無1)(白1) CA3

ユニット - 巫女

卑弥呼が戦場に配置されたとき、あなたのCAヤードにあるすべてのカードのCAの合計値が7以上ならば、クロノチェックを1回行う。

レベルI/パワー2000/ATK2

CA7が溜まった状態でクロノチェックをしても,CBの可能性と,時代を進める際に手札に加えるカードの選択肢が増える程度の恩恵しかありません.

しかし,黒には《タグ荒野のオーク》や《ナイトクドゥラク》といった,CAヤードのカードを減らすことで効果を発揮できるカードがあります.

《タグ荒野のオーク》が実質TAK3で殴れたり,CBした《ナイトクドゥラク》を時代を進める展開に支障を与えることなく起動して,相手の場のユニットを一方的に除去する動きが可能になります.

《ナイトクドゥラク》に関しては《卑弥呼》によってオープンする必要があるので確率は低いですが,その分強力な動きとなりそうです.