7-2

FFTCGを軽くまとめるとガチゲー

ぱっと見ファングッズくさいのですが,後述の理由からファングッズとしては微妙な代わりに,内容は運要素が小さめなガチゲーな感じになってます

  • 軽いルールと良いところ
  • FFTCGのあまり良くないところ
  • はじめるのにお勧めなのは

をまとめてみました.それでは続きからどうぞ

軽いルールと良いところ

3種類(+途中で追加された1種類)のカードを使って戦う

  • フォワード(FW) - 戦うカード,BSでいうスピリット,MTGやDMでいうクリーチャー
  • バックアップ(BU) - MTGでいう土地(1ターンで何枚でも配置可能ですが)
  • 召喚獣 - MTGでいうインスタント,BSでいうフラッシュマジック
  • モンスター - FWになるものや,タップで効果等 MTGのアーティファクトが近い?(色はそれぞれにあります.)

以上のカードを使って,先に7回ダメージを通した方の勝ちです.最近のTCGではよくあるデザインの,何が殴っても基本的に1点制です.
基本はマジックザギャザリングのようなデザインです,プレイしたことがある方はすぐにルールが理解できると思います.

土地事故ということが少ない

FFTCGでは,土地に該当するバックアップというカテゴリは存在しますが,手札からカードを破棄することでもマナ(FFではCPという)を発生させることができます.
当然,カードを消費せずにマナを恒常的に供給できるバックアップを配置するに越したことはないですが.

まったく土地というカードがなく,何でもマナの発生源とできるデュエルマスターズと,マナ発生のためのカードである土地が存在するマジックザギャザリングの,良いとこ取りです.

その他の引きの偏りでのデッキ事故が少ない

ターンの最初にドローするカードは2枚となっているため事故が少なくなります.

実は,FFTCGではバックアップを配置するのにもコストが必要で(かつ配置できるバックアップの数にも上限5枚があります),そのためにカードを破棄することでコストを捻出することも多いのです.

そのため,2枚ドローが必然となるのですが,引きの偏りを小さくできるということと,偏ったりまだ必要ない腐ったカードはコストとして使うという2つの面が噛み合っているため,良いデザインといえるでしょう.

FFTCGのあまり良くないところ

イラストがどこかからの流用

画像がすでにリリース済みの一枚絵を流用であったり,販促用に使われてる素材用の画像であったり,ゲーム内の流用であったり?基本的に書き下ろしがないのが残念です.

フレーバーテキストがない!

まったくないんです.個人的にはあまり気にしないのですが,そういうことを気にする人は気にしそう.

カードのデザインがわかりにくい

最近のカードゲームでは,カードのカテゴリによってそれぞれが特徴的なデザインがされ,ぱっと見でカードのカテゴリがわかるようにデザインがされていたりするものですが,全てのカードが基本的に同じデザインとなっているために,ゲームの進行に慣れるまでに少し時間がかかると思います.

はじめるのにお勧めなのは

ルールもすぐに理解できなさそう!って人はエントリーセットでルール覚えるのがよさげ?白か黒が個人的にはお勧めです.基本的にエントリーのカードは 弱 い です.が,白はオーディーンという強いカードが1枚,黒は場合によっては使うこともあるカオスというカードが1枚入っています.

MTGとかやっててすぐわかりそう!って人は5弾6弾のブースターがお勧めです.5弾以降(5と6)のみの構築大会もあるので,そっちの環境からだと入りやすいかも.